センサ調光型ソーラーLED照明

ソーラー式LEDセンサライト調光タイプ

LC-1000SC90DSOL

LC-1000SC90DSOL

  • センサを有効利用し、小型ながら長時間点灯を実現。
  • 日照条件に応じて選べる3つの取付方法
  • ソーラーLED照明では最大級の明るさ
    • 待機点灯時(0、50lm、100lm)
    • 検知点灯時(1000lm、700lm)
  • バッテリー残量に応じて検知時の点灯照度を自動制御するため、容量を無駄に使いません。
  • ソーラーパネルとバッテリーの小型化により価格も抑えました。

センサで変えるソーラー照明

東日本大震災以降、日本の電力事情は大きく変わりました。それに伴い、ソーラー照明が改めて注目されています。
ライフラインが途絶えた際の避難誘導、電気代金の高騰対策、環境対策…しかし、これまでのソーラー照明は夜間点きっぱなしで、ソーラーパネルやバッテリーが大型化し、価格も高いものでした。
全ての場所で、人がいないのに煌々と点灯していることが本当に重要だろうか…?
そんな疑問から産まれた製品がLC-1000SC90DSOLです。センサを有効に使うことで生じる数々のメリット。
これまでのソーラー照明から大きく進化しました。

このような場所に設置するのがおすすめです!
  • おススメ設置場所1
    津波避難タワーの安心照明として
  • おススメ設置場所3
    非常階段の安全照明として
  • おススメ設置場所2
    給電できない駐車場の便利照明として

一般的なソーラー照明との違い

一般的なソーラー照明   センサ調光型ソーラーLED照明
一般的なソーラー照明
ポール一体取付が主流
外観 センサ調光型ソーラーLED照明
灯体とソーラーユニットのみ
夜間常時100%点灯 点灯動作 センサ調光
基礎工事が必要 施工 既設ポール・壁面にも取り付け可
大型 大きさ 小型
5日前後 無日照時点灯可能期間 5日(センサ検知回数10秒/100回/1回)
8~14時間が主流 連続点灯時間 7時間(10%)/14時間(5%)
300~1800lm 明るさ 最大1000lm

※2013年10月現在 当社調べ

※上表は一般的なソーラー照明の特徴を記したもので、特定の機種との比較ではありません。

小型ながら長時間点灯を実現

センサ調光で消費電力を大幅に削減。ソーラーパネルとバッテリーの小型化と長時間点灯を両立させました。

点灯動作モード 待機時の明るさ 待機点灯時間 検知時 ※1 無日照時点灯
可能期間 ※2
センサライトモード 消灯 - 100%
点灯
27日
朝まで点灯モード 点灯してから ※3
14時間以内5%点灯
14時間以後消灯
14時間 70%点灯 5日※4
時限点灯モード 点灯してから ※3
14時間以内5%点灯
14時間以後消灯
7時間 70%点灯 5日※4
フラッシングモード 消灯 - 点滅 27日
  • ※1:最大値の時の明るさとなります。
  • ※2:本製品に搭載したリチウムイオンポリマーバッテリーが満充電された状態から、一切充電が行われない場合(真冬日、ソーラーパネルへの積雪や連続雨天などの場合)の使用可能日数のことです。
    (算出条件)検知時:10秒タイマー点灯で、検知回数:100回/1日の場合
  • ※3:内蔵の照度センサで夜と判定すると待機点灯します。
  • ※4:6日目以降はバッテリーの残量が少ないため、待機時は点灯せず、検知時のみの点灯となります。
消費電力削減イメージ

注)バッテリー残量により、設定した点灯動作が自動的に以下の明るさになります(バッテリーセービング機能)。

●バッテリーが 少し減ったとき

待機時、人検知時の明るさが設定より少し暗くなります(フラッシングモードを除く)。

●バッテリーが さらに減ったとき

人検知時の明るさはさらに暗くなり、待機時は消灯します(フラッシングモードを除く)。

●バッテリーが 無くなったとき

点灯動作しません。

業界最大※の検知エリア

検知エリア

ツイン素子のダブル搭載に加え、独自の光学設計により、人感センサ付照明として業界最大※の検知エリア15m×15mと業界最大※の検知ゾーン数84本を実現しました。
さらに、高さ2.5m~4.5mに取り付けても検知エリアは変わりません。15m先からスムースに人を検知し、人が近くにいる時は明るく照らします。

※2013年10月現在 当社調べ

検知エリア

単位(m)

照度分布図

照度分布図

単位(lx)

ソーラーユニットの設置について

ソーラーユニットは十分に充電できるように、つぎのようなところに取り付けてください。

ソーラーユニットの設置について
  • 真南向け
  • 日中はできるだけ長時間日光の当たる場所
  • 年間を通してできるかぎり長時間太陽光が当たる場所
  • 推奨取付角度
    (太陽光が直角に当たるように取付)
寒冷地での使用時の注意点

本製品に搭載したリチウムイオンポリマー充電池が満充電された状態から、一切充電が行われない場合(真冬日、ソーラーパネルへの積雪や連続雨天などの場合)の使用可能日数(無日照時点灯可能期間)は、約5日です。これを越える使用環境においては、LEDライトが点灯しない場合があります。

※本製品は気温が0℃以下になると、安全上充電を停止します。0℃以下が続く場所でご使用された場合、製品の仕様上、不点灯や設定とは異なる点灯動作が起こる場合があります。

仕様

電 源 専用ソーラーユニット
(10Wソーラーパネル、14.8V 6600mAh リチウムイオンポリマー充電地 内蔵)
消費電力 11W
光 源 白色LED(クールホワイト)
照射角度 90°サークル
色温度(CCT) 5650~6300K
演色性(CRI) 70
定格光束 1000 lm
バッテリー期待寿命 約8年(使用環境により異なる)
使用温度範囲 −20℃~+50℃(結露および氷結なきこと)、充電時:0℃~+50℃
保存温度範囲 −25℃~+60℃(半年以上保存する場合:−25℃~+25℃)
使用湿度範囲 35〜85%RH/保存時35〜95%RH
保護構造 IP44(防沫形)
接続ケーブル ビニルキャブタイヤケーブル(VCT) 口出し線長さ約 0.55m
延長用ケーブル 耐候性、防水性能のある、ケーブルをご準備ください。
太さ:0.5~0.75mm2(AWG18~20)、配線長:15m以下
(推奨ケーブル)キャブタイヤケーブル 2PNCT 0.75mm2 2芯
質 量 6.9kg
材 質 アルミダイカスト、ポリカーボネート、高密度ポリエチレン、ステンレス(SUS304)
設置場所 屋外ポール、壁面
耐風速 60m/s(JIS C8105-2-3準拠)
耐塩害 耐塩仕様
動作表示灯
(赤色LED)
電源投入時(ウォームアップ時):ゆっくり点滅
待機時:消灯  検知時(夜間):点灯
動作設定 【待機 0%】人感センサ 待機時:消灯、検知時:100%で点灯
【待機 5% 14時】
(夜判定後、14時間以内)人感センサ 待機時:5%点灯、検知時:70%で点灯
(14時間以後から朝判定まで)人感センサ 待機時:消灯、検知時:70%で点灯
【待機 10% 7時間】
(夜判定後、7時間以内)人感センサ 待機時:10%点灯、検知時:70%で点灯
(7時間以後から朝判定まで)人感センサ 待機時:消灯、検知時:70%で点灯
【フラッシング】人感センサ 待機時:消灯、検知時:フラッシング点灯
バッテリーセービング機能 バッテリー残量に応じて、待機時照度、人検知時照度を自動調節
タイマー 10秒/3秒/テスト(1秒) 切替
付属品 人感センサ用検知エリアマスキングプレート×1、昼夜判別センサ目隠しシール×1
鳥除け針×2、鳥除け針取付ブッシュ×2、取扱説明書(保証書付き)

人感センサ

調整可動範囲 上下50°可変
検知エリア水平角度 150°/80°(検知エリアマスキングプレート装着時)
検知方法 パッシブインフラレッド方式
検知ゾーン数 84本
検知感度 低/中/高 切替
付帯機能 温度補償回路(周囲温度に応じて検知感度を自動調整)

昼夜判別センサ

昼夜判別 40~400 lx (オープンエリアにて)

セキュリティシステム 施工実績

  • TOWER RECORDS
  • パークハウスつくば
  • TBSテレビ

あかりEサポート

かつしかエコ助成金

足立区施設用LED照明等設置費補助金

防犯カメラ 補助金

スマホで防犯管理

資格免許不要のトランシーバシステム

遠隔監視システム

HD-SDI

防犯カメラ 施工請負

防犯カメラ 足立区 | お問い合わせ

防犯設備 施工日誌 | トータル・プランニング

採用情報

スマートフォン版はこちら

  • 防犯・監視カメラ
  • Panasonic
  • MITSUBISHI
  • Victor・JVC
  • TOA
  • HITACHI
  • TOSHIBA
  • SONY
  • Canon
  • Ikegami
  • TAKEX
  • アツミ電気株式会社
  • ELMO
  • JAPAN SECURITY SYSTEM
  • SAMSUNG
  • LG
  • ONE
  • CNB
  • BOSCH ボッシュ
  • その他
  • セキュリティ・防犯対策
  • アツミ電気株式会社
  • OPTEX
  • TAKEX